こんな面倒なことしないですかね?この下に24mm厚の杉板と12mmの構造用合板(1階の天井)を施行しています。この上にメーターものの12mmの構造用合板を張るのはどうでしょうか?



十数年前大工さんが1部屋作るため、24mmの杉の板(倉庫では2階の床兼1階の天井。埃が落ち放題)に2段の根太でその上に構造用合板、フロアー材で仕上げてます。矢印の向こうは今現在天井の下地をしている和室の上になります。手前のキッチンの上は12mmの構造用合板の上に24mmの杉板を施行してます。

     

 キッチンの勝手口をどうするか悩んでいます。        外からみたところです
 
    

 土間も床にして壁を                      上り口に引き戸でもしようか・・・  ぜんぜん浮かばないです。


 

質問A


 
 
キッチン流しを置くところです。キッチンは10畳ちょっと。



流しを置く方の基礎コンクリートに付けて一枚ものの構造用合板を施行した方がよいでしょうか?
その場合はピンクは幅木は床の構造用合板の上に施行した方がいいでしょうか?隙間をあけて
土台からの施工がよいでしょうか?黒い枠に下の図の半端な二十数センチの構造用合板を施行してから1枚ものの構造用合板を施行した方がようでしょうか?



二十数センチくらい半端な所をどこで施行しようか・・・・考えてます。

 

 電気配線は専門業者に入ってもらう。ちょっと施工費が・・・。

        
   構造用合板あと2枚で終了です


   

   根太の下に高さを調節しながら30mm〜45mm×90o位を梁に沿って打ち付けそ    の上に根太というのはどうかなと思いましたが?
  

       

 50×105oの受けを打ちうける(コメリでちょっと曲がりがある物2mで100円でした)


     

 杉板はブラシでこすって埃を落として利用することにしました。

    

     

     

 ずっと気になっていたのですが橙色の矢印の梁が50mm×120mmしかありませんが大丈夫でしょうか?
 なにか補強しなければならないでしょうか?


    

  構造用合板2枚張りました。

質問です。
お願いします

           

 黄色の部分         杉板を2か所外しました    1畳分杉板を外しました

    

 2階を階段の登ったところから360°部屋を1周カメラで収めました

    


倉庫だったので、2階は引き戸の向こう側だけ2畳のクローゼットと8畳のフローリングの部屋があります。階段を登ったところは天井と壁だけしか施行されていませんでした。

黄色の部分の1階の天井(24mm厚200mm位幅の虫食い杉板)に12oの構造用合板(☆4つでない)をのせて2階の床になっていました。

黄色の上の天井かつ2階の24oの床(杉板)と構造用合板を取り外し、ここにメーターものの12mmの構造用合板を直接梁に張りその上に取り外した24mmの使えそうな杉板を張ります。既存の杉板からの埃が凄いので、梁に直接構造用合板を張ればいいかと思い、この要領で全部しようと思いました。その上に45×60oの根太で高さ調整し12mmの構造用合板の上に10mm位の床を張ろうと思います。

ピンクの矢印のところ梁を数ミリはつりました。梁と合板の隙間ができないようにと。梁のはつりはだめですよね。はつったりせず間に隙間ができないように薄い板でも挟まなければでしょうか?

            


            

階段を上がったところ。既存の24mmの杉板を取り外し、12mmの構造用合板を張りその上に取り外した

24mmの板を張りつけました。直接梁にのせるつもりでしたが高さが異なっていたので;梁に21mm×45mmの

野縁胴ぶち(黄色の矢印)を打ち付けこの上に取りはずしたボロ杉板を張り付け(梁に直接)その上に根太、

合板、床板の予定です。

日曜大工
kirabon

     

  結構開いている梁の隙間はどのようにすればいいのでしょうか?

         
   1階の2部屋の平面図      Aから撮影           Bから撮影 

         
    Dから撮影           Eから撮影           Eから2階方向へ撮影


       
    2階のAから撮影       2階のCから撮影       2階のDから撮影


     
   黄色の矢印のところを10mm以下欠きました。     
 

                        

   上の画像の2階のCからの撮影したところの中央梁のアップです。少し隙間があります
 
       

   中央の梁の段差は板を薄くなるようにカンナで削って隙間を埋めることにしました。

   

   電気コードをはわせるため黄色いところをコード幅欠いてもいいでしょうか?

6月

上記の?質問はヤフー知恵袋にてnvagokamaroさんbuutopiiさんいろんな方々からアドバイスをいただき解決しました。

        

   


@ A 

12mmの構造用合板の上に既存の使える24mmの杉板をのせAのように根太をのせ高さを調整しようと思います。根太の方向はAでよろしいでようか?


B C  

ABの黄色の矢印のところですが、12mmの構造用合板を張りその上に24mmの杉板野場合30mmくらいかかりますが、その上の根太は土壁の為15o位しかかかりません。ACの青の矢印のところですが、ここには構造用合板は25mmくらいかかります。この施行でも四方向に受けが必要でしょうか?
B緑色のところに30mm×60oの受けを取りつけます。

D E 

向こう側隣の部屋10畳のうち2畳がクローゼットです。床の高さはボロ杉板から120mmくらいはあります。

Eの黄色いところの梁には構造用合板をのせる余裕は全然ないので、根太に使っている60mm×45mm(Eの黄色いところ)を打ち付けて受けにしようと思います。

F

Α  24mmの構造用合板の補強材としてFのように60mm×45mmを四方に打ち付ける?
    24mmネダノンの構造用合板の施工の方がベストでしょうか??

Β  梁の上に12mmの構造用合板に24mmの使える杉板をのせ、その上に根太をおく場合、36mmの上    に根太になるので梁には釘がかからない状況ですが、釘が届かなくても可能?この施工方法でもねじ    れ強度はありますか?使用できそうな杉板は90%以上あります。この杉板を利用したいです。


   私自身Bでいきたいのですが・・・Bは根太があまりかからないのでだめでしょうか?


25年1月

        
 
  残った壁の下地の施工をする

 

 天井も最後の1枚も終わり次の段階へ進みます。