トップページ

平成22年の夏より始める

   実家の倉庫をとりあえず住めるようになれば・・・・・
     金はないので自分でコツコツと気長にやっていこうと思います(^u^)               
       時間はないかもしれないが・・・・・
       真夏 暑い時期にまずは倉庫内のかたずけです          

       父がどこからか持って帰ってきた無料のガラクタを有料で処分とは (;一_一) 

    軽トラック4台分はありました。オスは本能的に収集癖があるのか・・・        
                                                            
  
                                                          ほんの一部でした(T T)
     

          20年前親父が大工さんに頼んで簡単な隠れ部屋を造ってもらったそうだ。
                    昔この部屋でよく酒盛りをしていたげな     

                  
         
         和室の予定                              台所の予定
 
      かたずけながらどのような間取りにするかいろいろない頭で考えます。
                                                      
 





          隠れ部屋の壁板等をはがし解体です。柱はべた基礎の上にのってます。


                        

            左側和室・右側台所           手前の柱から奥が和室      





    サッシの下の部分だけ土台が切られてました。
                     
       中古サッシを利用したため枠内に収まらなかったためだとか・・・(-"-)








      そのためかどうかわかりませんが基礎にひび割れが出来てます(T_T)
 

                            


           いろいろな意見を聞き、試行錯誤の末内側にコンクリートやブロックの基礎をすることにしました。




      部分的にブロックを置いて行きました。

    ブロックの高さは、周りの柱にレベルとりしるしをつけてい   
    
    るのでそこから計測し既存の基礎コンクリートに墨でしるしを。





      
     昔リサイクルで購入したコンクリートドリルでアンカーボルトを入れるための穴を開けました。適当ですが・・・
              

                   

                                                     空気入れで穴の掃除



        アンカーボルト打ち込み鉄筋10mmを組む


                      



          
 

      廃材コンパネで型枠をつくりました。

      生コンクリートを入れるので型枠が壊れないように少しは強度を考えて。

      型枠の下の方はコンクリート釘を打ち込みました。(生コンクリートは思ったより重い)

      基礎コンクリートの高さに要所要所釘を打ち込む。型枠の高すぎるところがあったので釘を打ちづらかった。(T_T)

             
  
        
 
    市内にコンクリート製品を販売しているところに生コンクリートをわけてもらいにいきました。軽トラックにステンレスの
   
    風呂釜をのせて2回に分けて。 


                       
  
     土台切りこみを土台(女木) 大引き(男木)って・・・なるほど   この継ぎ方は大入れ蟻掛け


          

       きちっと入れば気分よし(^u^)

                 

         アンカーボルトは適当に入れたので土台の穴がセンターでないです(-"-)

                   

         車のジャッキで支えてますが。。。。



         とりあえず和室はおいといて

      次は洋室台所の施工にかかります。

                                
      
       基礎の高さにしるしをつけアンカーボルトと鉄筋を組み、型枠を作りました


                             

       またまた軽トラックで生コンを買いに。バスタブからスコップで運ぶのが大変です(T_T)
       結構生コンが余ったので勝手口(右図)に置きました(これでよいかわからないです)
 

                          

      


                          
 
          根太は45×45mmと30×45mmを抱き合わせて300mm間隔で置いて行きました
        
          ちょっと和室の押し入れの柱を取り付けました

                          



                           

           洋室(キッチン) 大引きを通しました
              
              

            大引きを入れて柱を合わせ打ち付けました


               

            階段の降り口の基礎を枠、アンカーボルト、セメント、砂、砂利を練って造る。疲れたー
                         

                   

日曜大工トップ